今日から始める
オンデマンド型
水素製造

Modern Electron の ME-H シリーズの分散型水素製造器は予約注文できる。明日のクリーンな水素の未来を今日実現する。

詳細問い合わせ

熱と電力の脱炭素
に向けたビジョン

電気は、多くの単純な加熱および電力用途に使用できる。しかし、米国でピーク暖房に必要な総エネルギー量は、配電網の容量の 2 倍以上です。そのため、米国のほとんどの暖房が現在電化されておらず、今後数十年にわたって完全に電化されない。

幸いなことに、これはModern Hydrogen の役割です。天然ガスを脱炭素化し、必要な場所にクリーンな水素を届ける。

オンサイト製造による
コスト効果

水素は素晴らしい燃料です。しかし、現在ほとんどのクリーンな水素製造方法では、制限された電力、不便な触媒、および使用先への配送のための危険なサプライ チェーンが必要です。水素の製造場から使用先まで配送するだけでコストが 3 倍になる可能性もある。

Modern Electron の水素製造に対するオンサイト分散型アプローチは、これらのコストをすべて排除する。また、既存の信頼性のあるインフラストラクチャを活用することで、Modern Electron は新しいパイプを設置せずに低炭素強度の水素を提供する。

拡張性のあるターンキーソリューション

サプライチェーンのリスクなし

米国では、天然ガスのインフラは信頼性が高く、広く整備されています。水素原子は、水素を使う場所まで天然ガス分子として運ばれるため、輸送用のトラック、圧縮、水素パイプラインの整備は不要です。

水素貯蔵が不要

既存の天然ガス配給網を活用し、必要な場所にクリーンな水素を供給するため、お客様の拠点では、水素を貯蔵する必要がありません。

CO2削減

Modern Electronの新しい熱分解技術は、メタンを固体炭素とクリーンな水素に分解します。独自のプロセスで、炭素は使用前の燃料から取り除かれ、低コストで確実に捕捉、隔離されます。

パイプの新設は不要

ガス会社と顧客の間では、既存のインフラを活用してこれまで通りメタンを輸送することができます。ガスメーターの地点にてクリーンな水素が製造、供給されるため、パイプの新設は必要ありません。

用途

Modern Electronのガス脱炭技術は、加熱および発電などの用途においてクリーンな水素を供給するように設計されています。

産業用プロセス加熱 : Modern Electronは、既存の設備を変更することなく熱関連のカーボンフットプリントを削減できます。プラグアンドプレイ型の装置を接続するだけで天然ガスを脱炭素化し、クリーンな水素を供給するため、システムやオペレーションを変更することなく、加熱およびプロセスガス用に水素を使い始めることが可能です。

発電 : RNGおよびバイオガス燃料を使った従来型の発電において、燃焼後に排出されるCO2の回収を強化するため、収益を拡大し、カーボンネガティブの達成に近づくことができます。

LDC : Modern Electronは、天然ガスを脱炭素化し、供給網の狙った位置で効果的に水素を混合できるよう地域のガス会社を支援します。これを受けて、地域のガス会社は、お客様が社内の脱炭素化計画を早期に実現できるよう支援します。

建物の暖房 : 住宅、商業施設、および工場において、既存の炉、ボイラー、およびコージェネレーションシステムのCO2削減をターンキー型で実現します。

大手投資会社から7000万ドルの資金調達

At One Ventures
Bill Gatest
extantia: The Net-Zero Circle
IRONGREY
metaplanet
Starlight Ventures
VALO
wieland

熱の脱炭素化をご検討ですか?

Modern Electronの製品は、既存のインフラに簡単に設置できます。また、全国の天然ガス供給網を活用して脱炭素化を推進するため、パイプの敷設、水素の輸送・貯蔵は一切不要です。

水素のことならお気軽にお問い合わせください。

Automated line for the production of glass containers.

Modern Electron への
お問い合わせフォーム